2007年5月25日 (金)

なぜ

旦那が帰ってきて夕食をとるときは、たいてい教育談義になります。首都圏の学校などでは授業を塾講師にまかせている、などときいたことがありますが、なんで教員として一番おいしいところをまかせるのかわかりません。

授業によって人生の生きる意味や命の大切さ、勉強のおもしろさをつたえるものだと私は思っています。確かに首都圏(というか本州かな?)では私学志向が結構あるみたいで、受験勉強に力をいれなくてはならないことはわかりますが、それでもなんだか変な話です。

しかし、そういった教育をして、児童、生徒の学力があがったかといえば、そうでもありません。全国学力テストの結果をみればわかります。

私は国語科だったので、とくにそのあたりのチェックをしてしまいますが、言葉がマスコミ上でもかなりめだっているとおもいます。新聞にしろ、国営放送にしろ・・・。

なんだか将来自分に子供が生まれたらどうなるなるのかなぁと考えている次第です。

2007年1月22日 (月)

センター試験

土日は多くの学生がセンター試験に挑みましたね。問題が新聞にのっていたので、国語をやってみました。

結果は188点ぐらい。やや難しい問題だったかもしれませんが、現役を退いても、この点がとれたことはうれしくおもいます。

やっぱり勉強は楽しいな。